【動画あり】アルタスフルートにピンクゴールドを配したBrasstekオリジナル「TS-E Rose”D”」の音色をご紹介

Brasstek高岡の久保です。

 

アルタスフルートの各部にピンクゴールドをあしらい、さりげないながらも個性的に輝き、他には無い魅力を放っているBrasstekオリジナルの”Rose”シリーズ。

今回はその”Rose”シリーズの中でも総銀製のモデル「TS」の各部にピンクゴールドメッキを施した「TS-E Rose”D”」の魅力的な音色をお届けいたします。

リッププレート、ヘッドキャップ、G#キィ、D#キィと見えるところだけでなく音色に影響がある反射板、頭部管の内側、にもピンクごーろどメッキを施しているので通常の「TS」とひと味違った音色をお聴きください。

 

アルタスフルート Brasstekオリジナル TS-E Rose”D”

厚みのある芯に豊かなで華やかな響きを含み、高音域でも優しい音色のフルートです。

 

試奏して頂いた当店のフルート講師 緒方里珠 先生も

とても吹きやすく、特にキンキンしやすい高音域が心地良い響きなのでこのフルートは良いなぁ、と感想を頂きました。

TS-E Rose”D”の詳細は⇒コチラから

 

現在店頭では「TS-E Rose”D”」以外にもRoseシリーズを展示中ですので、音色も吹き心地も見た目もこだわりたい方は是非見に来てください!

 

Roseシリーズの在庫状況は⇒コチラから

 

Roseシリーズの詳細は⇒コチラから

 

今回試奏して下さった緒方先生のフルート教室の詳細は⇒コチラから