XO トランペット 1602RS 【6/28(日)まで!金管楽器フェア開催中!】

 

XO(エックスオー)とは…

1995年に日本の楽器メーカー、株式会社グローバルが開発・プロデュースし、

研究開発を重ねた末に誕生したトランペットとトロンボーンの専門メーカーです。

特にピストンの軽さには定評があり、他社のピストンよりもスムーズで軽快な動きによって

早いパッセージでも気持ちよく演奏できます。

新しいメーカーながら、今では世界ブランドとして多くのトランペット奏者に愛用されています。

 

そんなXOのトランペットの人気機種「1602RS」を店頭にて展示中!!

 

XO 1602RS 松山 萌 氏 選定品

この「1602RS」は程よく軽い吹奏感と伸びのある明るい音色が魅力的なモデルです。

主に学生や社会人の吹奏楽プレイヤーに人気ですが、JAZZプレイヤーにも好まれるオールマイティーなトランペットです。

 

さらに、この1本は東京交響楽団のプロトランペット奏者「松山萌」氏が

同じモデルの中から作りや音程、音色において優れていると選び抜いた「選定品」の1本です。

 

 

 

この「1602RS」の魅力を引き立てる主な特徴は下記の3点です。

 

1.リバースチューニングスライド

一般的なチューニングスライドはスタンダードタイプ(写真:上)ですが、

「1602RS」ではリバースチューニングスライド(写真:下)を採用しています。

リバースチューニングスライドは息がスムーズに入る仕様の為、吹奏感が軽く感じられます。

 

しかし、ただ軽いだけでは吹いた時に息が持って行かれ

息切れしたり、音が軽くなってしまいます。

そこで、コントロールしやすく程よい吹き心地にするために随所に工夫がされています。

 

その一つが、支柱の数です。

トランペットのチューニングスライド管に支柱を付ける事で楽器の耐久性に加え、

吹奏感や音色にも変化が生じます。

支柱が多ければ吹奏感に抵抗が生じ芯の太い音に、

支柱が少なければ抵抗感が少なくなり明るく軽い音色になります。

「1602RS」は1本支柱を採用しています。

これにより軽い吹奏感に程よい抵抗と、明るいながらも芯のある音色を実現しています。

 

 

 

2.スローテーパーベル

細い部分からベル先端に向かっての広がり方が、ベル付近で急な角度で広がる仕様のベルです。

ベルの広がりが遅い事で、程よい抵抗感を生み

軽めの吹奏感とコントロールのしやすさを兼ね備えています。

 

 

この程よく軽い吹奏感と明るいながらも芯がある音色により、

特に小柄な方や女性でもコントロールしやすく扱いやすいトランペットです。

 

 

3.アクセサリーキット

奏者それぞれに合せたセッティングに出来るアクセサリーキットが付属します。

ピストンボタン(貝なし)、ピストンバネ(ヘビータイプ)、ピストンスピル(金属)、ボトムキャップ(ヘビータイプ)、主管抜き差し管(スクエアラウンド)の交換パーツが付属します。

このパーツたちを交換することによって吹奏感や音色だけでなく、

操作感も変えることができ、自分だけのカスタマイズも楽しめます。

 

ちなみに…

▼ボトムキャップを1つだけ(写真:1番右)付け替えてみました

▼こちらはピストンボタン

通常はピストンボタンの真ん中に「貝」と呼ばれるパーツ(写真:1番左、真ん中)がついていますが、

交換したパーツ(写真:1番右)は貝がついていないピストンボタンです。

 

 

これら以外まだまだこだわりが詰まっているXO「1602RS」。

是非、店頭でご覧ください!

 

XO 1602RS 松山 萌 氏選定品

 

新型コロナウイルス感染予防対策について

みなさまが安心してご来店いただけるよう、新型コロナウイルス 対策もしっかりと行っております。

 

【期間限定】送料無料 & 金利無料 & 超低金利キャンペーン

 

【6/30(火)まで】XO 春キャンペーン!!

エックスオーブランドの楽器(トランペット、トロンボーン)をお買い上げいただくと…

もれなく、C.CシャイニーケースⅡをプレゼント!!

▼詳しくはこちらをクリック

 

買取強化中!買取・下取キャンペーン