【RLセレクション】初心者からベテランの方まで使えるベースコンプ!~Vivie Fenne Comp~レビュー~

こんにちは!

Rock Label の竹山です。

今回はエフェクターのレビューをさせていただきます。

 

紹介させていただくのは、VivieFenne Compというベースコンプレッサーです。

バンドでリズムを支える役割であるベース。安定感がないとバンドサウンドに大きな影響を与えるのは必然です…

そんな悩みを解決させるのが、コンプレッサーというエフェクターです。

「そもそもコンプレッサーとは何?」というところと、Fenne Compのコントロールを簡単にではありますが紹介させていただきます。

そもそもコンプレッサーとは???

ベースはバンドアンサンブルの中でリズム隊としてドラムと一緒に安定感のある演奏を求められることが多いと思います。

しかし、ライブでは弦楽器隊としてお客さんを盛り上げるためのパフォーマンスが必要になったり、

長時間のライブだと疲れてきて、一定のピッキングの力を保つのが難しいと思います…

そこで登場するのがコンプレッサーです!

このコンプレッサーは音を圧縮し、大きい音を小さく、小さい音を大きくするという効果を得られるもので、

音の粒が揃い、安定感のあるベースラインを演出してくれます。

ですが、「スレッショルド」「レシオ」「アタックタイム」「リリースタイム」など

わかりにくいツマミがいっぱいあって何が何だかさっぱり…って初心者の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方におススメなのがVivieFenne Compです!!

ついているツマミは3つとスイッチ1つだけ!その機能を紹介!

このFenne compは

LevelCompToneAttackスイッチの4つのコントロールで音作りをするシンプルな構造になっています。

さっそくですが、各部の機能を簡単に説明させてもらいます。

 

 

Level・・・名前の通り音量を調節するツマミです。

 

Comp・・・どのくらい音を圧縮するか調節するツマミです。

かけすぎると音の奥行きがなくなって物足りなくなってしまうので注意です。

ツマミの近くのLEDは明るさでゲインリダクションを表示していて

視覚的にどのぐらい音が圧縮しているかを見ることができます。

 

Tone・・・高音域のブースト/カットを行うツマミです。センターでフラットなので、

スラップなどの高音域が出る奏法の時はカット、

指弾きなどの低音がしっかり出せるときはブーストしてあげるというような使い方ができます。

 

Attack・・・側面に付いているスイッチで、どのタイミングで音を圧縮させ始めるか切り替えする機能です。

上に倒すと圧縮がゆっくり効きはじめ、ナチュラルな仕上がりのサウンドに、

下に倒すと圧縮が早く効きはじめ、しっかりと音量差を整えてくれます。

見た目通りの使いやすさと高音質の両立!

今回使ってみて思ったのは、それぞれのコントロールが分かりやすく変わって使いやすいということです。

今まで使っていたコンプレッサーは自分の思ったサウンドにたどり着くのにかなりの時間が掛かっていましたが、

(それはそれで楽しいのですが…笑)

私は、このFenne compですぐに好みのサウンドにたどり着けました!

あとは原音重視の高音質なサウンドが出てくるという印象を受けました。

物によってはエフェクトをかけてしまうだけで、元々の音より太くなってしまうモノもありますが、

これはベースの音にそのままコンプレッサーをかけている感じの音なので、他のエフェクターとの相性もよさそうです。

最後に・・・

このFenne compは本当に使いやすく、

エフェクター初心者のベーシストの方におススメです!!

またエフェクターをたくさん使っているベーシストの方でも、

すぐにエフェクターボードに組み込めるぐらい、即戦力になるエフェクターになっているので

要チェックです!!

↓↓↓気になった方はこちら↓↓↓

https://www.kaishindo-music.co.jp/rocklabel/webshop/products/detail/2240