9月の厳選!おすすめ&新入荷商品の紹介【Red Guitars】

Red Guitarsの9月新入荷品やおすすめのセレクトギアをご紹介していきます!

更新していきますのでお楽しみに!

 

 

Topics

●【New & Recommend】攻撃的なプレべサウンド!KPB-AS Desert sand 入荷!

●【Recommend】長きに渡ってXotic Guitarを愛用するAllen Hindsとのコラボレーション。XTC-AH !!

●スタンダードシリーズOM最高峰モデル! Martin OM-42

●ドレットノートの原点!12FジョイントD-28 AUTHENTIC 1931!

●Martinのボディ・スタイルにはない画期的なデザイン! Martin  SC-13E

Coming Soon…

 

●Martin人気機種 D-18の全世界2020本限定エレアコモデル!D-18E 2020

 

 

【New & Recommend】攻撃的なプレべサウンド!KPB-AS Desert sand 入荷!

滋賀県に拠点を置くギター工房Altero Custom Guitarsがプロデュースする、新しいブランド 《Kanade SOUND DESIGN》。
国内大手メーカーの最上級モデルにも使用される、厳選されたハイグレードマテリアルをふんだんに用い、 Altero Custom Guitarsの高い技術と、開業以来、数多のリペアやカスタム、 オーダーメイド楽器製作にて培ったノウハウを惜しげもなくつぎ込んだメーカーです。

今回はそんなKanade Sound Designから先月入荷いたしました、 KPB-ASをご紹介いたします。

本器はFenderのスチューデントモデル等で採用されているDesert sandカラーをイメージしてオーダーいたしました。

オープンポア仕上げの塗装がアッシュの魅力を最大限に引き立てています。

アノダイズドピックガードの装着により可愛さの中にも渋さを演出することが出来ました。

本個体はうっすらとネックにフレイム杢が出ているのも大きなポイントです。

ピックアップには国産ハンドワイアリングメーカー『Kariya-Pickups』の手によるオリジナルモデルを搭載。

立ち上がりが他のPBモデルと比べると非常に早いのが特徴的です。

これは良質な木材、高い組み込み精度、極上のピックアップの3つの要素が合わさった時に生まれるものだと音を鳴らした瞬間に感じていただけるでしょう。

それでいてプレべらしい野太いミッドや力強いアタック感がしっかりと出力されており、まさに現代のプレシジョンベースといったところでしょうか。

アッシュならではの攻撃的なプレべサウンドは往年のロックサウンドからいなたいブルージーなフレーズまでしっかリカバーしバンドアンサンブルの中でもしっかりと主張してくれる1本です。

Kanade SOUND DESIGN  KPB-AS Desert sand

▲Topics

【Recommend】長きに渡ってXotic Guitarを愛用するAllen Hindsとのコラボレーション。XTC-AH !!

プロフェッショナルなギタリストが真に求めるサウンド・ルックス・プレイアビリティが三位一体となった魅力的なギアを製作しているXotic。

当店でもRecommend Gearとして数多くのXoticを手に触れ、そして販売させていただいております。

 

Red GuitarsにはジャズフュージョンギタリストであるAllen Hinds(アレン・ハインズ)とのコラボレーションによって生まれたテレキャスターが展示、販売されております。

Allen Hinds(アレン・ハインズ)自身が数多くのビンテージを所有していることもあり、細かな塗装の剥げはもちろん、ビスをすべてマイナスドライバーのものにしたりと…ディテールにはこだわりがたくさん詰め込まれております。

本器はブルースギタリスト「カークフレッチャー氏」の来日時に、コットンクラブで開催された展示会にて選定した一本です。

 

同モデル7本の中から弊店スタッフがセレクトしました!

 

本器はリアに1PUというシンプルでありながら、その仕様は中々インパクトがあります。

3Way SWを搭載しており、これにより様々なサウンドメイクが可能なのですが、本来のリアポジションでは、ボリュームのみ効く仕様で、トーンは効きません。音色の変化がボリュームのみになる分、唯一無二なサウンドキャラクターを持っています。

トーン回路をスルーすることにより、通常のテレキャスターのリアピックアップが更に抜けが良くなるという印象です。

それはただ高音が強調されて「抜けてくる」というものではなく、普段通るべき回路の一切をスルーしてジャックに出力されることにより、レンジが広くなったようなサウンドが得られます。

センター/フロントポジションになると、トーンも効くようになるので、汎用性がグッと上がります。

採用されているピックアップは、Signature用に開発されたカスタムピックアップで、トレブリー過ぎる印象はなく

数多くのライブやRECに携わるAllen Hinds(アレン・ハインズ)ならではの要望に応えられる仕様と言えるでしょう。

1PUという仕様は一見扱いが難しそうですが、独特で多彩なサウンドバリエーションを生み出す事ができるので、裏を返せば強力な武器になります。

試奏動画もございますので是非ともご覧くださいませ⇓

Xotic  XTC-AH – Butter Scotch Blonde Medium Aged/Ash/RM

▲Topics

 

 

 

 

スタンダードシリーズOM最高峰モデル! Martin OM-42

Martinはその長い歴史と数えきれないほどの多くの画期的な発明により、世界中のアコースティックギターメーカーから「標準」と呼ばれるギターを作り上げてきたメーカーです。

今回、ご紹介するOM-42はスタンダードシリーズのOMの中では、最高峰のモデルとなるスタイルです。
クラシックなスノーフレークス・フィンガーボード・インレイ、ボディのハーフリング、ヘッドインレイ、さらにゴールドペグの採用など、上位モデルに相応しい上品なディテールとなっています。

 

美しい装飾による外観に目が行きがちですが、その他のモデルより高いグレードの材が使用され、華やかで上品なサウンドが楽しめるのも大きな魅力です。

上質なシトカスプルース、サイドバックにはイーストインディアンローズウッドが採用されております。

装飾、木材。どこを見ても最高峰の貫禄が感じられます。

実際に弾いてみると、ネックのグリップがやや太めのスタンダード・テーパーになっており、

Martin標準仕様の演奏性を感じました。

サウンドはドレッドノートのような音の散らばりがなく、テンションが強いまま、高音域の煌びやかな倍音が、芯のある中音域に乗っかってアウトプットされている印象です。

ストロークプレイはもちろん、繊細な指弾きにもしっかりと対応できる一本です。

 

Martin OM-42

▲Topics

ドレットノートの原点!12FジョイントD-28 AUTHENTIC 1931!

今回はD-28 AUTHENTIC 1931をご紹介いたします。

Martinの長い歴史を紐解き、当時の技術を継承し続けるため、黄金期と崇められる戦前に製作された、現在の14フレットジョイントのドレッドノートモデルの原点となったモデルを再現したギターです。

本器を再現をするにあたり、CATスキャンマシンで基本的な構造の部分はもちろん、どのような接着剤が使用されているかという細部の所までスキャニングをし、正確なスペックでMartin工場内の博物館にある1931年D-28が再現されております。

マダガスカルローズウッドのサイドバック、アディロンダックスプルーストップ、そしてネックバレルとヒールに至るまでの本格的な1931 D-28の特徴を踏襲しています。
トップとブレースにはMartinのビンテージトーンシステム(VTS)が採用されています。

Martinのビンテージトーンシステム(VTS)は長年に渡り伝統的な熟成方法を熟知した研究開発チームによって研究・開発されたもので、熱化学を利用した高温の処置を行なっています。これを本物のMartinヴィンテージギターと細胞構造単位で比較し、その特定の期間の木材の細胞構造を模倣。継続的なテストが行われ、その結果、1930年代から1940年代のものや、1800年代のもの等、50年から200年前の状態を再現することが可能となりました。

Martinの原点回帰ともいえる本器は、長きにわたり高い品質と美しい音色を保つことができる、Martinのアコースティックギターに向き合う真摯な姿勢が手に取って感じられる1本に仕上がっています。

開発された当時はマーティンのラインナップの中でもDは最大のサイズで、当時最大級の大きさを誇っていたドレッドノート という戦艦から名付けられたのは皆さんご存じかと思いますが、本器はその意味をしっかりと感じられる一本です。

 

Martin  D-28 AUTHENTIC 1931

▲Topics

Martinのボディ・スタイルにはない画期的なデザイン! Martin  SC-13E

今回は現在行っております、Martin Guitar Fair 2020 in TAKAOKA の中からSC-13Eをご紹介いたします。

Martinがエレクトリック・アコースティックギターに焦点を絞って設計/製作されております。

エレクトリック・アコースティック・ギターの多くは、トラディショナルなアコースティック・ギターに後からピックアップやプリアンプを加えたもので、最初からプラグインして使用することを目的に設計されていないものも中にはあります。

これらの問題をクリアにしたMartinから一つの答えとして提示されたのが本モデルです。

 

まず注目していただきたいのはサウンドに大きな影響を与えるシェイプとブレイシングです。

ボディシェイプはS字シェイプボディを採用。

左右非対称にすることで、まずハイ・ポジションの弾きづらさが解消されます。

ボディ上部が小さくてボディ厚が薄いので、肩への負担が少なく長時間に渡って弾きやすいことも特徴です。

ブレイシングには「Treble Side Scalloped X with Non-Scalloped Tone Bars」というシステムを採用。

高音域がよく響き、振動を豊かにするため、3弦、2弦、1弦側 は、スキャロップドブレシーングを採用。

低音域をタイトにするために、4弦、5弦、 6弦側のブレーシングは太いままにし、現代のテクノロジーと伝統技術が融合した画期的なものになっています。

1843年に開発されたXブレーシングが、トップ材だけでなく、バック材にも施しているのも未来の音を作り続けるためのMartinの「挑戦」のように感じます。

 

 

ロープロファイル ベロシティと名付けられたネックシェイプ。大胆なヒールレスデザインとのコンビネーションにより、通常のカッタウェイを採用したギターよりもさらに幅広い演奏性を提供します。

ハイポジションまで削り込まれた非常に薄型のネックはストレスなくハイフレットにアクセス。ボディとネックが13フレットの位置でジョイントされているのも大きなポイント。

現在のスチール弦アコースティックギターの多くは14フレットジョイントが主流ですが、13フレットジョイントにより25.4インチスケールのトーンはそのままに、24.9インチスケールの弾きやすさを再現することが出来ています。

 

煌びやかかつ繊細な高音域はまさにMartinといったところでしょうか…

ライブで即戦力になってくれる頼りになる一本です。一風変わったライブ用ギアをお探しの方必見の一本です。

Martin  SC-13E

 

▲Topics

 

9月はセール開催中です!店頭とオンラインストア限定プライスも多数ご用意しておりますので是非ご覧ください!当店セレクトした一本ものが多いので早い者勝ちです!セール品は随時投入予定ですのでお楽しみに!

セール会場はこちらからご覧いただけます!

 

 

【9月27日まで期間限定】金利無料&超低金利キャンペーン開催!!

▼対象は10万円以上の楽器で・・・

・10万円以上の場合は12回分割手数料(金利)が無料

・20万円以上の場合は24回分割手数料(金利)が無料

・30万円以上の場合は36回分割手数料(金利)が無料

42回~60回までは超低金利条件にてお申込みいただけます!

店頭、またはBlue Guitarsオンラインストアのみ対象となります。※デジマート、Reverbは対象外です。

信販会社はSMBCファイナンスサービスのセディナショッピングクレジットとなります。その他には有金利条件となりますが、ジャックスやオリコからもお選びいただけます。

その他、割引サービスとの併用は不可。

ご不明な点は、お電話、または「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせくださいませ。

この機会をお見逃しなく!

 

 

Red Guitars Online Storeはこちらからご覧いただけます。