”本気”トラベルギターHEADWAY – HT-615 N,S/ATB ANをご紹介

こんにちは、尾島です。

 

今回は先日ご紹介した、Headwayのカスタムショップビルダー「降幡 新」氏が手掛けた、本気のトラベルギターをご紹介します。

トラベルギターの限界に挑んだモデル

今回ご紹介するのは、Headwayのカスタムショップビルダー「降幡 新」氏が手掛けたトラベルギター「HEADWAY – HT-615 N,S/ATB AN」です。

 

降幡氏については、こちらの記事でご紹介してますので、ぜひご覧ください。

⇒こちらからどうぞ!

 

僕もそうでしたが、トラベルギターというと、

 

「取り回しは良いけど、音がイマイチ・・・」

 

というイメージがあると思います。

ただ、このHT-615は、

 

「小ぶりで取り回しが良く、小さくても音の良いギター」

 

をコンセプトとし作られていて、本気トラベルギターに仕上がっています!

 

レギュラーサイズに匹敵する音量感と音質を実現

このHTモデルはトラベルギターの「薄い音」を解決する為に、ボディのお尻の部分を大きくとっています。

また、スケールは610mmを採用していて、音が軽くなりすぎないギリギリのサイズにスケールダウンしています。

さらに、ナット幅や弦間ピッチは一般的なフルサイズのギターと同等の数値で設計されています。

 

ここまでこだわる事で、「小さいボディの手軽さとフルサイズギターの様なリッチな音色の両立」を実現させています。

 

「アコギは大きなサイズじゃないと音が良くない」というイメージが強くあると思いますが、そのイメージを壊してくれる素晴らしい一本です。

 

今回も試奏動画を作成しましたので、ぜひご覧ください!

▼HEADWAY HT-615 N,S/ATB AN – demo

 

詳しいスペックなどは下記リンクからご覧いただけます。

⇒詳細はこちら

また、GuitarFesta 2020 Encoreの最新情報は下記リンクでまとめていますので、こちらもぜひご覧ください!

⇒GuitarFesta 2020 Encore最新情報

 

 

では、また。