MartinスタンダードOMモデルの最高峰!OM-42をご紹介!!

こんにちは、Red Guitars の竹山です。

 

今回紹介するのはMartin OM-42です。

縦ロゴにOMサイズという、高貴なディテールと実用性を兼ね備えたモデル

上位モデルに相応しい上品なディテール。

本器OM-42はスタンダードシリーズのOMの中では、最高峰のモデルとなるスタイルです。

クラシックなスノーフレークス・フィンガーボード・インレイ、ボディのハーフリング、ヘッドインレイ、さらにゴールドペグの採用されており、どこを見ても絢爛豪華なルックスに仕上がっています。

 

「これをつまみにお酒を飲める」とまで言われる高貴なディテールを贅沢にあしらっています。

 

最高のウッドマテリアル。

こちらのOM-42はもちろん装飾のみをこだわっている訳ではなく、厳選された良質な木材のみを使用し製作された一本です

トップには目の詰まったシトカスプルースを。

サイドバックには見ているだけで時間が過ぎていくような美しい木目のイーストインディアンローズウッドが採用されております。

 

ストロークプレイはもちろん、繊細な指弾きにもしっかりと対応できるサウンド

実際に弾いてみると、ネックのグリップがやや太めのスタンダード・テーパーになっており、

Martin標準仕様の演奏性を感じました。

サウンドはドレッドノートのような音の散らばりがなく、テンションが強いまま、高音域の煌びやかな倍音が、芯のある中音域に乗っかってアウトプットされていて、

 

どのポジションで鳴らしても、最高峰の貫禄が感じられます。

 

そんなMartin OM-42の紹介動画を作成いたしましたので、ぜひご覧ください

詳しいスペックなどは下記リンクからご覧いただけます。

⇒詳細はこちら

また、GuitarFesta 2020 Encoreの最新情報は下記リンクでまとめていますので、こちらもぜひご覧ください!

⇒GuitarFesta 2020 Encore最新情報