Headway Customshop!百瀬恭夫氏製作のHD-280をご紹介。

こんにちは、竹山です!

今回はHeadway Customshopの百瀬恭夫氏製作のHD-280をご紹介します。

「信州の名工」百瀬恭夫氏

引用:https://www.deviser.co.jp/headway/about/ars

今回ご紹介するHD-280#3144は「信州の名工」百瀬恭夫氏により制作された1本です。

百瀬氏は20歳よりギター制作の道に入り、これまで数千本のギターを手がけています。

またを後進の育成や工場全体の生産効率の向上にも尽力し、まさにHeadway の屋台骨ともいえる職人です。

百瀬氏の技術の粋を注ぎ製作!

そんな百瀬氏渾身の1本とも呼べるのが今回ご紹介するHD-280です。

ジャーマンスプルーストップ・ローズサイドバック、ノンスキャロップのARSブレイシングを採用した本モデル。

持った瞬間に感じられる重厚でしっかりとした作りが印象的です。

本器に採用されているARSブレイシングアドバンスドリアシフトブレイシングの略です。

ARSブレイシングとはアコースティックギターの音を決めるトップ材裏に仕込まれたXブレイシングという補強材の位置を「通常よりブリッジ側に寄せる」という技術です。

ただブリッジ側に寄せるだけでは鳴るのに時間がかかるこの技術ですが、百瀬氏のその他のブレイシングを含めた全体的な調整、セッティングにより低音から高音まで幅広くバランスの良いサウンドが得られます。

長い時間を安定したコンディションに保ちながらも木材の鳴りを抑え込まない、百瀬氏の長年の経験に基いた完璧なバランスを体現してます。

 

一本一本をワンオフとして製作するカスタムショップ、その仕様に合わせてベストな材をセレクトしているのがサウンドからも体感できます。

動画は誠意製作中でございます!

お待ちくださいませ!

詳しい詳細はこちらから→詳細ページ