降幡氏製作のカスタムショップモデル「HEADWAY HF-180 Custom #F8」

こんにちは、尾島です。

 

今回は、HEADWAYのカスタムショップビルダー”降幡 新氏(ふりはた あらた)”が制作した、「HEADWAY HF-180 Custom #F8」をご紹介!

カスタムショップビルダー・降幡 新氏

引用:https://www.deviser.co.jp/

今回紹介するHEADWAY HF-180 Custom #F8は、カスタムショップビルダーの「降幡 新氏」が制作したモデルです。

 

降幡氏は、高校生の時にみた百瀬氏の背中に憧れてギターの道に進んだとの事。

 

「今ではHEADWAYのギター制作に携われている事を心から楽しく感じ、またユーザーの期待に応えなければならないと感じている」

 

と、コメントされています。

 

センターにローズウッドを配した、こだわりの3Pバック

そんな降幡氏が制作した本器の特筆する点は、やはりセンターにローズウッドを配した特徴的な3Pバックですね。

この構造は、ホンジュラスマホガニーのマイルドな響きに、少しだけ輪郭をはっきりさせるために採用しており、確かに文字通りの仕上がりになっています。

 

その為、音の分離感も良く、マホガニーの甘さにローズウッドのエッセンスを加えた、独特な響きになっていますね。

マホガニーボディにローズウッド指板というのはよく聞きますが、ただ指板材にローズウッドを採用しているモデルとはまた違う、本器ならではの味を感じます。

 

本器は小ぶりなサイズなので演奏性は元々高いですが、プレイヤー色の強い私は、エルボーカットが施されているのが、めちゃめちゃ嬉しいですね。

本当にわずかに施された加工ですが、降幡氏の心遣いとこだわりを感じますね

 

降旗氏のカスタムショップビルダーとして8本目となる本器。

今回も試奏動画を作成しましたので、ぜひご覧ください。

▼HEADWAY HF-180 Custom #F8 – demo

詳しいスペックなどは下記リンクからご覧いただけます。

⇒詳細はこちら

また、GuitarFesta 2020 Encoreの最新情報は下記リンクでまとめていますので、こちらもぜひご覧ください!

⇒GuitarFesta 2020 Encore最新情報

 

 

では、また。