アレン・ハインズとのコラボで生まれた一本【GuitarFesta 2020 Encore】

こんにちは、Red Guitarsの尾島です。

 

GuitarFesta 2020 Encoreという事で、今日から一本ずつピックアップしてご紹介していきます!

最初の一本として選んだのは、「Xotic XTC-AH – Butter Scotch Blonde Medium Aged/Ash/RM」。

Allen Hindsとのコラボレーションによって生まれた珠玉の一本!

今回ご紹介するXotic XTC-AHですが、ジャズフュージョンギタリストであるAllen Hinds(アレン・ハインズ)とのコラボレーションによって生まれたテレキャスターです。



本器はブルースギタリスト「カークフレッチャー氏」の来日時に、コットンクラブで開催された展示会にて選定した一本です。

 

同モデル7本の中から弊店スタッフがセレクトしました!

 

本器はリアに1PUというシンプルでありながら、その仕様は中々インパクトがあります。

3Way SWを搭載しており、これにより様々なサウンドメイクが可能なのですが、本来のリアポジションでは、ボリュームのみ効く仕様で、トーンは効きません。

この”トーンの回路を通らないだけ”で、ハイの出方がかなり変わってくるんですよ。

 

それこそ、普通のリアピックアップじゃ再現できないような所。

音色の変化がボリュームのみになる分、唯一無二なサウンドキャラクターを持っています。

 

センター/フロントポジションになると、トーンも効くようになるので、汎用性がグッと上がる感じですね。

 

このピックアップは、Signature用に開発されたカスタムピックアップで、トレブリー過ぎる印象はなく、先ほどお伝えしたように3Way SWでトーンセレクトをしていきます。

 

1PUという仕様は一見扱いが難しそうですが、独特で多彩なサウンドバリエーションを生み出す事ができるので、裏を返せば強力な武器になります。

 

試奏動画を作成したので、サウンドはこちら動画で確認してみてください!

▼Xotic XTC-AH – Butter Scotch Blonde Medium Aged/Ash/RM – demo

詳しいスペックは下記リンクからご覧いただけます!

⇒詳細はこちら

 

また、GuitarFesta 2020 Encoreの最新情報は下記リンクでまとめていますので、こちらもぜひご覧ください!

⇒GuitarFesta 2020 Encore最新情報

 

 

では、また。