My マイクを持ちませんか?

こんな時だからこそ。

こんな時だからこそ、自分専用のMy マイクを持ちませんか?

マイクはボーカリストにとっての良きパートナーであり、表現する為の最強の武器です。

こだわらずして、どういたしましょうか。

そこでオススメします5種のマイクをご紹介いたします。

*世界のド定番、シュアーSM58は比較対象としてご参加いただきます。

先ずは Audix OM2

何と言ってもコストパフォーマンス!

SMよりは3~4千円安いのに、フラットでクリアな音質。

ボーカル、スピーチ、楽器収音等幅広く対応します。

しかしながら、ハウリングに対してはSMに軍配

続いて Audix OM3

SMとほぼ同価格帯でありながら、広いレンジと中高音の伸びは素晴らしく、音抜けがよくスッキリと聞こえます。

ハウリングにも強く、高性能ですが、若干低音が弱く、EQ補正が必要です。

Audix OM5

SMよりは4~5千円高くなりますが、やはり持つならこの1本というところでしょうか。

低音の閉まり具合、中高音の伸び、全体を通しての力強さとクリア感、バンド内でも埋もれることなく、確実に 声 を届けてくれます。

特に、低音のボソボソ間が無いのは、秀逸です。

オーディオテクニカ AE4100

SMと比べてややお高めですが、声の特性をフラットな形で伝え、ボーカルのみならず楽器収音にも優れています。

ハンドルノイズも軽減されており、1本あれば重宝しそうな優れものです。

強いて言えば、これと言った個性がなく、全て及第点以上のオールラウンダーと言ったところでしょうか。

オーディオテクニカ AE6100

ボーカリストならこれかな?と思わず言いたくなる1本

ハウリング対策、ハンドルノイズ対策、そして音質と、全てボーカルにチューニング設計された極上品です。

最後に…

形状は、Audixがやや細めで、オーディオテクニカは一部フラットになっており、持った感じが違うので、是非お店でチェックお願いします。

あとAE4100を除いて全て超単一指向性なので、グリルの中心から外れると、音量、音質とも落ちますので、自信のない人はSM58を使いましょう。