Sakata Guitars D-28B Brazilian Rosewood

こんにちは!

小林です。

1年待ちのオーダーSAKATA GUITARS D-28B ブラジリアンローズウッドが入荷しました!

Sakata Guitars D-28B Brazilian Rosewood


2019年5月に現地山梨で木材選定しオーダーをしたD-28Bが入荷しました。
実際に小林が坂田氏と会話しながら仕様を決定した本機。
当初はスモールサイズのギターのオーダーを検討していましたが、素晴らしい木目のブラジリアン・ローズウッドに出会うことが出来たので今回はドレットノートを製作して頂くことになりました。

オーダーの模様はこちらをチェック

ブラジリアン・ローズウッド サイドバック

昔は当たり前のように使用されていた木材ですが、現在ではかなり高価で希少な材になりました。
音質への効果も素晴らしいですが、やはり見た目が素晴らしいです。
特に今回は現地に行って膨大なストックから選定いたしました。
うねりがたまりません。。。

アディロンダック・スプルース トップ

こちらも説明不要な希少材ですね(笑)戦前のギターに多く使われていた材で現在では高価な材となっております。サウンド面では低音から高音まで芯のあるサウンドを再生してくれます。とにかく音圧がすごいです
今回は程よい幅で目のそろった材を選定いたしました。バック材にも負けませんよ!

ノンスキャロップブレーシング採用

貴重な材を贅沢に使用した楽器の成長を永く楽しんで頂けるようにノンスキャロップ・ブレーシングを採用いたしました。構造的な強度はもちろん弾きこんでいくごとに音質的な変化を楽しんで頂けます。
写真は製作時の写真です。

レビュー

入荷時にまずはローコードを鳴らしチェック、各弦がクリアで和音の響きがとても心地く、何回も鳴らしてしまいました。
一般的にはノンスキャロップは新品時はおとなしく、数年弾き鳴らしていくと馴染んでくる印象ですが、本機は新品時からしっかり鳴っている印象です。
引き続けた際の今後の成長も楽しみです。

坂田氏も現時点でとてもクリアな音色で、弾き込んでいけば『数年後もっと鳴ってくれるよ、永く弾きこんでいってほしいね』と言っていただきました。ブラジリアンローズウッドは音色が馴染むまで2年ほどかかるそうです。
もちろん強度面でも安心でき永く使っていただける一本に仕上がりました。

坂田氏のギターは弾いていると不思議とメロディーを口ずさみたくなる、シンガーにとってフレンドリーな楽器です。
坂田氏は「ギターが出来上がると製作家としてではなく、”プレイヤー”としての観点からそのギターを評価するようになる」と語っています。
マルチな才能を発揮する坂田さんの発想が、プレイヤーに寄り添うギターづくりに繋がっているのでしょう。



~SAKATA GUITARS(坂田 ひさし)~
山梨県甲府市にて工房を構えつつ、カレー&喫茶専門店「ハーパーズミル」も経営。そこではライブイベントも催し、インディーズ・レーベルも立ち上げ、自らも自主制作でのアルバムをリリースしています。

音楽が生活のすぐ傍にあるライフスタイル、そしてミュージシャンであり個人製作家の坂田ひさし氏。
そんな坂田氏のギターは、マーティンスタイルやギブソンスタイルのレプリカが基本としつつ、JモデルやSJ及び国内では珍しい13フレットジョイント仕様なども製作。ホームページは英語がデフォルトとなっており、海外のギターショップでも取扱いがある人気製作家の一人です。

使用ミュージシャンには、歌心を大切にするアーティストが多く名を連ねます。
※友部正人、宮田和弥、寺岡呼人、河口修二、PETA、いとうたかお、有山じゅんじ、他。(順不同、敬称略)

商品ページは画像をクリック!

今なら36回金利無料&60回まで超低金利クレジットご案内ができます!(2020年4月6日現在)


たとえば、36回払い金利無料頭金or下取品(20万円)で月々¥25,000-でご案内可能です!
店頭やONLINE STOREでもご利用いただけます。是非ご活用くださいませ!
Red Guitarでは買取、下取り強化中お気軽にお問い合わせください!
k_top_banner

スタッフ小林の記事はこちら

楽器センター高岡 Red Guitars

小林鉄平