【Red Guitars Stock Gallery】KarDiaN Pedals

こんにちは!

Red Guitars の竹山です。

今回のRed Guitars Stock GalleryではKarDiaNのペダルをご紹介いたします。

詳細ページ

KarDiaN Pedals

 

KarDiaNとは

KarDiaNは琵琶湖をのぞむ古都大津にて立ち上げられたエフェクターブランドで、ギタリストの音の心臓「kardia」(※ラテン語で心臓の意味)を担うサウンドを届けるために音響機器の企画開発を行っています。

エンジニア経験を持ち卓越した電子回路の知識を持つ北田氏と、ギタリストでありペダルフリークでもある鹿内氏が手掛けるサウンドは、一切の妥協を許さないという強い意志の元に作られています。

 

 

C10H12N2O/セロトニン

こちらのC10H12N2O/セロトニンはいわゆるTS系ペダル。

“Tube Screamer”に代表される、豊かなミッドレンジと、なめらかなピッキングレスポンスを残しつつも、KarDiaNのこだわりの詰まった一品になっています。

本家“Tube Screamer”は1つのトーンノブで音作りをしますが、C10H12N2O/セロトニンは“Tube Screamer”の魅力的なミッドレンジを残したままBASSとTREBLEが実装されています。

“Tube Screamer”らしさを残したまま現場に即したトーンスタックが実装されており、柔軟なイコライジングとワイルドなサウンドキャラクターを兼ね備えたまったく新しいオーバードライブになっています。

 

 C3H5N3O9 | ニトログリセリン

C3H5N3O9 | ニトログリセリンは”アンプライク”を超えるオーバードライブ/ディストーションペダル。

現在、数えきれない量のオーバードライブ系ペダルが存在しますが、その多くは真空管アンプを歪ませた際の粒立ちの荒さや食い付くような強いコンプレッションを持っておらず、いわゆる”ペダル的”なオーバードライブサウンドになりがちです。

C3H5N3O9/ニトログリセリンは小型真空管アンプをフルアップにしたような荒々しさとあたたかみを持ち、更なるハイゲインとダイナミックな2EQによりアンプライクを超えた全く新しい音を生み出すことが可能です。

クランチサウンドからハイゲインディストーションまでカバーができ、ジャンルを選ばないペダルに仕上がっています。

 

CHCl3 | クロロホルム

CHCl3 | クロロホルムはトランスペアレントな設計のドライブペダルでありながら、絶妙なコンプ感と枯れた中音域が加味されたブルージーなオーバードライブです。

心地良いコンプレッション感とサステインを良いバランスでアウトプットしてくれるので、プレイヤーが思い描いているオーバードライブサウンドをアウトプットできます。

単純にブースターとして使用するのも良し、太い音像を生かしたオーバードライブサウンドにするもよしと良い意味で“プレイヤーありき”のペダルに仕上がっています。

 

C9H13NO3/アドレナリン

C9H13NO3/アドレナリンの開発は既存のアンプライクという発想より脱却することからはじまりました。
ダイナミックレンジを広く保ちつつも過剰な低音や高音はスポイルし、モダンなきめ細やかさを持ちつつも荒々しさを消し去らない。
完成したのは往年のジャパニーズファズにも似たドライさと歪みの潰れ過ぎない絶妙な荒々しさを持ったディストーションです。

KarDiaNのラインナップの中では一番挑戦的なエフェクターになっていて、C9H13NO3/アドレナリンにしか出せないファズのような音像のディストーションペダルです。

 

C6H806 /ビタミンC

ビンテージのビッグマフを強く意識した一台で、それを基盤にしつつオリジナリティを含んだ仕上がりになっています。

ゲインのレンジが広く、ディストーションテイストな歪みから分厚いファズサウンドまで調整可能です。
また非常にローノイズで、本器特有のザラっとした歪みを、存分に堪能できます。

ファズペダルでは珍しい2EQはサウンドメイクに大きな影響を与えます。

数々のギターヒーローが使用してきたビッグマフをKarDiaNが現代のギタリストのためににチューンナップした非常に使い勝手の良いファズペダルです。

 

最後に…

今回、Red Guitars Stock Galleryで初のエフェクター紹介をさせていただきましたが、当店には多くの国産ペダルが展示、販売されております。

勿論、試奏も可能ですので気になった方は是非自分の耳でサウンドを確かめていただきたいです。

今回ご紹介したKarDiaN Pedalsの詳細はこちらから⇓

詳細ページ

次回のRed Guitars Stock Galleryもお楽しみに!

 

竹山でした!