【がんばる吹奏楽部へ】ハイパートレーニングその1

 

 

 

 

こんにちは、スタッフの杉谷です。

 

さっそくですが、こちらの謎の物体

 

一体何だかご存知ですか?↓

 

 

 

 

 

 

吹奏楽的に言うとピストンに似ています。

 

しかし押すものではありません。

 

 

 

 

この物体の名前は「P.E.T.E(ピート)」

 

簡単にいうと、お口の筋トレグッズです。

 

見た目の通り(?)金管奏者のために作られました。

(木管吹きの方、ごめんなさいm(_ _)m)

 

 

これでトレーニングを重ねることで、

・アンブシュアを安定させる

・長時間吹いても唇がバテにくくなる

 

などの効果が!

 

 

 

長時間の演奏による唇のバテ

 

金管奏者にとって大きな悩みのひとつだと思います。

 

特に楽器を持って間もないころは

 

15分も持たないんですよね・・・(私がそうでした;^^)

 

 

しかも楽器演奏のアンブシュアは

 

かなり特殊な筋肉の使い方をしているので、

 

普段の生活で鍛えるということはとても難しいのです。

 

 

 

ピートの使い方はとっても簡単!

 

口にくわえるだけ!!

 

テレビを見ながら

 

電車の中でこっそりと

 

音が鳴らないので、いつでもどこでも筋トレできます。

 

 

自分の弱点によっていろいろなやり方があるようなので、

 

ここでは基礎的なやり方を少しご紹介。

 

 

 

 

1.ロングトーンエクササイズ

ロングトーンや音域を広げるための筋肉強化

 

1.ピートの細いほうをくわえます。

 

2.唇の筋肉を集めるようにしてピートを固定し、

30~40秒キープ

 

※やりすぎ注意!

 

 

 

2.アイソメトリックトレーニング

パワーとスタミナをのばし、バテない唇を作る

 

1.先ほどの逆(ピストンかさのような方)をくわえます。

 

2.指でピートを引きつつ、口からピートが抜けないようにこらえます。

10~15秒キープ、休憩、を繰り返します。

 

 

30秒キープできるようになれば

長時間の演奏も楽になってきます!

 

※やりすぎ注意!

 

 

 

先ほども述べたように、これは使い方のほんの一部。

 

プロの金管奏者の方のブログなどに

 

オリジナルのやり方が紹介されている記事もあるので、

 

ぜひいろんなやり方に挑戦してみてください!

 

 

 

そしてこれはあくまでも筋トレ。

 

やりすぎると筋肉痛など引き起こすこともあります。

 

途中で休憩も挟みながら、無理のない程度でがんばってくださいね!

 

くれぐれも楽器演奏に悪い影響のない程度にしましょう・・・!!