【予約受付中】Gibson Shinichi Ubukata ES-355 Vintage Ebony VOS

 

 

 

ELLEGARDEN ~ Nothing’s Carved In Stone と長年にわたってギブソンES-355 with Bigsbyを使い続けてきた生形真一氏。

シグネチャーモデル開発の情報は随時入ってはいましたが、この度遂に発表となりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

氏のこだわり抜いたスペックが反映されています。

 

ビグスビーB-7を含めクロームに統一されたハードウェア・パーツ、ヘッド裏のオリジナル“skull” ロゴ、そして象徴的なダイヤモンドfホール(バインディング付き)といったルックス面はもちろん、

 

氏はジャジィな音、パワフルな音、キレイなアルペジオの音……レス・ポールにもないオールマイティさを355の魅力のひとつに上げています。リイシューでは廃されがちなバリトーンを搭載している点もその幅を広げようとする意図でしょう。

 

そして通常355はエボニーや現行ではリッチライト指板ですが、本機はローズウッド材を採用。濃い目の色味を指定することでのルックス面はもちろん、サウンド・プレイアビリティにおいても オールマイティなトータルバランスと、粘りある ロックサウンド を意識したスペックにも要注目です。

 

150本限定生産、6月末より順次入荷予定。確実に手に入れたい方はお早目のご予約をおすすめします。

 

さらに現在のお申込なら

【~7/2(日)】 最大24回まで!金利無料キャンペーン!

 

ご予約はこちら↓↓↓

 

Guitar Festa 続々入荷中!↓↓↓↓