【補助ペダル】正しい姿勢で演奏できていますか?

 

小さなお子様がピアノ演奏する上で必須なのが「足台・補助ペダル」!

普段のレッスンやおうちでの練習に足をぶらぶらさせたまま取り組んでいませんか・・・?

 

 

足台や補助ペダルはどうして必要?

 

ピアノだけでなく、楽器を演奏する上で姿勢はとっても重要!

自分の思い通りの音を奏でるためには正しい姿勢が身についてなければいけません。

 

特に足が届かない小さな子供は足をぶらぶらさせていたり宙に浮いていたりすると、

上半身や指に力が入らなくなってしまいしっかりした音が出なくなってしまいます!

 

せっかくレッスンに通っているのに教わったことが身につかないのはとてももったいない・・・

 

というわけで、小さなお子様の練習には補助台や補助ペダルを使ってあげましょう!

 

 

 どうやって選べばいいの?

 

足台や補助ペダルは物によって調節できる高さや踏み心地が違います。

お子様の身長や成長過程に合わせて購入しましょう!

 

当店のおすすめ

 

KP-DX

 

軽く踏み込めるので、微妙なペダル操作や力の弱いお子様でも使いやすいところが特徴です。

また、ハンドル無段階調整式なので身長に合わせやすいのもいいところ。

 

 

AX-100

 

ペダル操作が静かなので、ギーギーといった嫌な音が無いのが特徴。

また、操作性もスムーズなのでストレスなく演奏に集中できます。

 

M-60

 

 

台の高さは補助ペダルの中では最大の26センチ!

ペダルも軽く、操作がスムーズなので小さなお子様にはぴったりの補助ペダルです。

 

 

アシストスツール、アシストペダル

 

足台、ペダルが別々になっているので、それぞれ必要に応じて使用することができます。

スツールは5段階の高さ変更が可能で最大12センチから最小2.5センチまで調節できるので、あと少しだけ足が届かないという小学校中~高学年のお子様におすすめです。

アシストペダルをペダルに直接装着するため補助ペダルと本体のペダルのずれが起きず、本物に近い操作感で練習することができます。

 

 

 

店頭では実際にピアノを使ってお試しもできます。

試奏をご希望の方はお気軽にスタッフまでお声かけください!

 

ご来店お待ちしております。