水口 誠仁 先生
みずぐち まさひと
エレキギター エレキベース アコースティックギター

プロフィール

小6の冬、テレビで流れるB’zの映像を見てギターしかない!と思い立ち父親に懇願し、納屋にあったアコースティックギターを手に入れ、ギターライフスタート。中学、高校時代にいくつものバンドを経験し、地元富山県内のイベントやコンテストなどでその名を馳せる。
高校卒業と同時に上京、都内での音楽活動をスタート。19歳で全国ツアーを経験し、20歳には元東京パフォーマンスドールズの穴井夕子のバックにギタリスト、プログラマーとして参加。同時にプロとしての活動を始める。ドラゴン・ボールの主題歌で有名な“影山ヒロノブ”、“串田アキラ”、また多くのアイドル・声優・タレント、等のバンドをバッキングサポートをしながら、年間100本以上のライブやアニメやテレビCMなどのレコーディングをこなす。

また、2006年5月には自己初となるSOLO名義でのCD「My Style」発売。サポートに丸山正剛、元C-C-Bの渡辺英樹、りゅうこうじ、関口誠人、コルベッツの太田公一らを迎えライブイベントを行う。声優並木のり子らと「Love Community.」を結成し、映画音楽なども手掛ける。その後、イベント団体Future Flapperを旗揚げ。チャリティを根本に置き、活動を続ける。2011年には地元富山県の地域活性や、音楽での町おこし、新人育成も視野に置き、活動の幅を地元富山県にも広げる。
現在、プロデュース業や楽曲提供、ギター講師、役者なども展開し、プレイヤーのみならず、様々な方面で注目を集め、高い評価を得る。

動画

担当楽器

エレキギター,エレキベース,アコースティックギター

担当コース