【YAMAHA】クラビノーバ ピアノの音だけじゃないお話。

 

 

 

最近の電子ピアノはいろいろな音色を出すことができるという事実を

知っていますか??

 

もちろんおもちゃみたいな擬似的なサウンドではなく本格的な音ととして

クオリティはたえず進化しているんです。

 

 

本日はYAMAHAの”クラビノーバ”という電子ピアノの音色を少しご紹介いたします。

DSC04273

 

こちらはCLP-575の左側コントロール部分ですね。

 

画面にCFXグランドとでていますが、画面はYAMAHAの誇る最高級グランドピアノの音が選択されています。

 

もちろん実際にあのままの音が出るというものではないですが、

音の表現力やサウンドの特色はCFXを再現した素晴らしいサウンドになっております。

(本物は何百万とするピアノなの表現できればそれはそれでビックリしますね、、汗)

 

では次。

 

ベーゼンドルファー

DSC04277

 

ブライトグランド

DSC04278

 

メローグランド

DSC04279

 

ウォームグランド

DSC04280

 

ポップグランド

DSC04281

 

ジャズグランド

DSC04282

 

ロックグランド

DSC04283

 

 

これまた意外にあると思いませんか?

 

 

実際の音の違いはここで書くと膨大な量になりますので、是非店頭で聞き比べしてみてください♪

因みに一言で言いますと、”全てまったく違う音です” 

 

曲に合わせて音色が簡単に選べるので楽しさがまた増えますね。

 

 

 

その他にも、実はこんなサウンドもあるんです。

 

アコースティックベース

DSC04285

 

ベース&シンバル

DSC04286

 

エレクトリックベース

DSC04287

 

フレットレスベース

DSC04288

 

ナイロンギター

DSC04293

 

ビブラフォン

DSC04292

 

ハープシコード8’+4’

DSC04291

 

ハープシコード8’

DSC04290

 

 

こういった音色は頻繁に使うことは少ないかもしれないですが

作曲をする時や 編曲する時

 

仲間とのセッション時に足りないパートをフォロー演奏したり

弦楽器は弾けないけど鍵盤は弾けるという強みを活かすこともできます。

 

 

もし家にお持ちなら、いろいろな機能を使ってみないともったいないですね

その他の機能の説明は店頭スタッフに聞いてくださいね♪

 

ご来店お待ちしております。