天才ピアニスト横山幸雄氏×CASIO電子ピアノ”CELVIANO GrandHybrid”

 

 

楽器センター高岡  店長岸本です。

 

 

先日行って参りました。

 

 

”FM OSAKA 横山幸雄のピアノのめぐり逢い 公開生収録”

(詳細は http://www.tfm.co.jp/piano/

S__9494545

 

 

 

S__9494541

 

S__9494539

 

 

これは開始1時間程前ですが 、本番はほぼ満席状態、、、

 

 

 

横山幸雄氏のファンの方も沢山ご来場されておりました。

 

 

 

改めてこのような貴重な機会を頂けたことに感謝です。

 

 

実際の公開収録内容は、、、

 

 

FM OSAKA 天才ピアニスト横山幸雄のピアノでめぐり逢い

(土曜日24:00~24:30)にて放送されます。

 

 

 

気になる方は是非チェックしてくださいね。

 

 

 

 

 

話は変わりますが、、、

 

 

 

実は、この時の公開収録に使用されたピアノが

 

 

 

こちら、、、

 

 

 

 

CASIO “CELVIANO GrandHybrid GP-500”

S__9494543(CELVIANO GrandHybrid GP-500)

 

 

 

現在、開進堂楽器 楽器センター高岡で展示しているのは艶消しタイプのCELVIANO GP-300”

DSC07798

 

 

 

演奏に使用された上位機種である鏡面仕様の”CELVIANO GP-500”も近日導入致します。

 

 

 

 

ちなみにこちらは電子とアコースティックピアノを融合した

 

 

 

ハイブリッドタイプの電子ピアノとなっておりますが

 

 

 

C.ベヒシュタインとの共同製作という点でも一線を画しています。

 

 

 

 

少し、写真でご紹介しましょう。

 

 

 

奏者の表現力を豊かにするナチュラルグランドハンマーアクション鍵盤

GP-300クリア

 

 

見えますでしょうか?

 

 

写真中央あたりで少し鍵盤が鏡面部に反射しているように見えますが

 

 

こちらは展示仕様のクリア板がついたデモ機となっており、特別にハンマー部分を覗くことができます。

 

 

 

よく見ると全ての鍵盤木材にNoがふってあり、演奏するたびに一音一音の動きがはっきりと分かります。

 

 

 

今回特別に鍵盤構造部の撮影許可をいただきました。

 

 

かなりレアです。

 

 

 

S__9494533S__9494537S__9494532

※撮影の際に少々傾けているので、鍵盤部分が波だっておりますが

本来はぴっちりとまっすぐですのでご安心ください。

 

 

まずお伝えしたいのは鍵盤のタッチの基となるスプルース材へのこだわり。

 

 

鍵盤木材にはC.ベヒシュタインと同じ木材を使用。

 

 

 

 

 

良質なオーストリア産のスプルース材に、、、

 

 

 

 

 

グランドピアノと同じ乾燥・加工を施し、、、

 

 

 

 

 

鍵盤として形成したものを搭載、、、

 

 

 

 

 

押した鍵盤を音に変えるアクション機構も、、、

 

 

 

 

 

グランドピアノの弾き応えに大きく関係するハンマーの動きを徹底的に研究し、、、

 

 

 

 

 

力学的に同じ構造のアクション機構を新たに開発、、、

 

 

 

 

 

これだけでもCASIOの気合の入り方が伝わってまいります。

 

 

 

 

 

もう少し細部を覗いてみると、、、

 

 

 

S__9494536

 

 

 

 

赤色の フェルトも見えます、

 

 

 

 

こうやって表面では見えない部分にまでこだわっている所も好印象です。

 

 

 

 

妥協をしない、CASIOのものづくりに対する精神を感じます。

 

 

 

 

3つのピアノ音色

DSC07800

 

[ベルリン・グランド]

輪郭がはっきりとして、落ち着きのある上品な音。透明感のある音と響きが、軽やかで色彩豊かな旋律を奏でます。印象派の音楽を演奏するのに適しています。

 

 

[ハンブルク・グランド]

迫力と力強さを備え、弦共鳴の多い華やかな音。表現幅が広く、多くのピアニストから愛される音です。あらゆる演奏、ジャンルにマッチします。

 

 

[ウィーン・グランド]

迫力ある低域弦と、やわらかく美しい弱打が特徴的。豊かな表現力を持つ、重厚で落ち着いた音です。古典派の音楽を演奏するのに適しています。

 

 

 

特別な演奏体験をもたらす2つの機能

”シーン”

シーン機能は、名作曲家やピアニストにまつわるエピソードから想起される演奏シーンを参考に、音色、響き、残響など様々な設定の組み合わせをプリセットしています。例えば「Chopin」というシーンなら、音色はベルリン・グランド、ホールシミュレーターはサロンなど、ショパン等に代表されるロマン派音楽を演奏するのに適した音が得られるセッティングが施されています。作曲家や音楽ジャンル、音色などをテーマに用意したシーンは全15項目。さらに、音色や曲のタイプなどを変更して、自分好みの設定ができるユーザーシーンも10項目まで登録することができます。

 

 

”コンサートプレイ”

コンサートプレイは、収録したオーケストラの臨場感ある生演奏をバックに弾くことで、まるで共演しているような気分を味わうことができる機能です。また、コンサートプレイの曲は、再生、一時停止や早送り、早戻し、A-B区間リピートが可能。さらにテンポも80%の速度に下げることができるなど、難しい曲も練習しやすくなっています。

●内蔵曲以外の曲も当ページのダウンロードメニューからダウンロードし、市販のUSBフラッシュメモリーを使って再生することができます。

 

 

 

こちらのBLOGだけでは語りつくせない内容がありますが

 

 

楽器センター高岡でへ立ち寄った際には是非、実際にタッチや音色

 

 

質感やデザインを体感して頂きたいです。

 

 

 

この製品には、CASIO製作チームの ”熱い想い” がほんとに沢山入っております!

 

 

 

そして今後もCELVIANO GrandHybrid は日々進化しつづけていくでしょう。

 

 

 

もうすでにピアノの新しい歴史が始まっております。

 

 

 

ご来店心よりお待ちいたしております。

 

 

<お問い合わせ先>
開進堂楽器 楽器センター高岡
富山県高岡市下伏間江383番地 イオンモール高岡2F
営業時間/10:00 -22:00
定休日なし
TEL:0766-21-1029
aeon-t@kaishindo-music.co.jp

 

 

【夏音2016】楽器センター高岡 他企画はこちら♪

↓   ↓   ↓

http://gctakaoka.kaishindo-music.co.jp/blog/2016/07/20/natsuoto2016/