YAMAHA – ヤマハ新商品内覧会 「THR100H/THR100H Dual」など・・・

ヤマダです。

 

ヤマハの内覧会に行って参りました。

 

 

昨日、情報解禁となった ・・・ YAMAHA 「THR100H/THR100H Dual」

 

 

 

大ヒットアンプTHRのサウンドをステージユースとホームユースの両方で使えるTHRシリーズ待望のアンプヘッド。

 

 

YAMAHA / THR100H  &  YAMAHA / THR100H Dual

 

早速、TEST DRIVE!!

サウンドはTHR-5/10で既に確認済みですが

専用に設計された、エミネンスのスピーカーを積んだキャビネットを使用して

それなりの音量でチェック。

 

 

THRのサウンドですね!!素晴らしい・・・

 

 

 

そして、スタッフ吉田、重量チェック!

 

 

 

 

背面チェック!

THRヘッドは、背面パネルのセレクターを切り替えるだけで、5種類のパワー管モデリングが選択できます。
さらに真空管タイプのそれぞれに2種類の動作クラス(クラスA/AB)切り替えが対応しており、全く新しいサウンドメイキングが可能。

 

 


出力レベルも25W/50W/100Wとホーム&ライブユースに対応

 

 

つまみもアナログでわかりやすい。

 

 

 

デュアルはインプットが2系統あって、それぞれのチャンネルに対してスピーカーアウトの端子があります。

結果、2本繋げて、別のキャビで鳴らすことも!

もちろん、一系統のギターで両方を鳴らすことできます。

専用のキャビ「YAMAHA / THRC212」は左右2発のスピーカーが同じエミネンスでも型番が違って、チャンネルごとに少し異なるサウンドをアウトプットします。
※ヘッドのチャンネルは両チャンネルまったく同じものが2チャンネルある。

 

 

 


フットスイッチも付属

 

 

 

USB端子でPCからアサインすると・・・


内蔵のブースターのカラーやリバーブのカラーなどを変更可能

 

 

 


D.I./ラインアウトからPA/レコーディング環境などにアウトプットした場合、IR スピーカーシュミレーター/マイクモデリングにアサインできます。
フォーラムなどからデータを取得し、サウンドイメージを追加することも可能。

 

 

シングルはもっと小さい!!軽い!!

 

 

オフステージ用アンプの常識を覆すリアルなアンプ・モデリング、高品位エフェクト、プリセットをはじめとする充実した機能で、デスクトップ・アンプという新領域を開拓したヤマハのTHRシリーズ。世界中で高評価を得たTHRサウンドをステージ上で実現すべく、THRをアンプ・ヘッド化した「THR100H」と「THR100H Dual」が10月1日に発売される。

特筆すべきはまずその利便性だ。100W出力でありながら「THR100H」が3.6kg、「THR100H Dual」が4.2kgという超軽量を実現しており、ライブ会場への持ち込みが劇的に容易になる。真空管を搭載していないので、持ち運びの際に余計な神経を使う必要もない。コントロールも非常に簡潔な構造で、1つのツマミに対し1つの効果しか持たせていないため、初見でも音作りに集中することができる。

サウンドについてはTHRシリーズで培った卓越した技術を結集しており、ダンピング・ファクターを低く設定することで、真空管を用いたパワー・アンプと同様の挙動を再現。さらに、アナログ機器を構成している回路の構成や、その振る舞いまで正確にモデリングする技術“VCMテクノロジー”を搭載することで、芯が太く極めてリアルなサウンドを出力。音作りの面でも画期的な試みが投入されており、ソリッド/クリーン/クランチ/リード/モダンという5種類のアンプ・タイプそれぞれに、5種類のパワー管(モデリング)を選択することができる。さらに、クラスA / BとクラスAという真空管の回路設計も選択可能というこだわりっぷりだ。

ライン・アウト/フォン・アウトからは、IRスピーカー・シミュレーションのサウンドを出力。多彩なキャビネット/マイク・セッティングから設定でき、ライン接続時でもリアルなアンプ・サウンドを実現。ブースターやリバーブ、ノイズ・ゲートなどのエフェクトも装備しているが、ヤマハ・ホームページより無償ダウンロードできる専用エディター“THR100Hユーティリティ”を用いれば、エフェクトなどを緻密にセッティング可能だ。ノイズも少ないので、自宅での音作りはもちろん、レコーディングでも高いポテンシャルを発揮するだろう。なおTHR100H Dualは、クリーン・アンプとハイゲイン・アンプを同時に鳴らすことで重厚なサウンドを実現する、“デュアル・アンプ・ファンクション”も装備している。

また、THR100HおよびTHR100H Dualにマッチした2種類のキャビネットも同時発売。12″スピーカー1基のTHRC112と、ステレオ・インプットに対応し左右で異なるスピーカーを採用することで、デュアル・アンプ・ファンクションを最大限に活用できるTHRC212(12″スピーカー×2)がラインナップ。ヤマハが提示する新たな一手で、アンプ・ヘッドはネクスト・フェイズに突入する。

10月1日 発売予定

⇒YAMAHA OFFICIAL HP –  THR HEAD

 

 

 

 

そしてNAMMでも話題になっていた・・・マーシャルのシルバージュビリー復刻!「Marshall 2555X SILVER JUBILEE RE-ISSUE」


 

 

EDENの新しいWorld Tour Series

 

 

吉田はシルバージュビリーでメタリカを弾き倒していました。メタラーです。

 

目力!!

 

 

 


スタッフ島崎と 担当の末武氏

 

 

 

詳細や、価格は店頭にてご確認くださいませ。
※お電話やメール等でも承れます。
※通信販売も可能です。ご相談くださいませ。

LINK⇒お問い合わせフォームはこちら
<お問い合わせ先>
開進堂楽器 楽器センター高岡
富山県高岡市下伏間江383番地 イオンモール高岡2F
営業時間/10:00 -22:00
定休日なし
TEL:0766-21-1029
aeon-t@kaishindo-music.co.jp

 

≪ただいま買取り強化中!≫
開進堂楽器の楽器買取システム Good Buy では買取り強化キャンペーン中!
使われなくなった楽器は丁寧に整備されて、次のお客様の元へ向かいます。
下取りなら査定金額10%アップ!

↓↓↓くわしくはこちら↓↓↓

 

開進堂楽器 楽器センター高岡 GCTAKAOKA