Morris モーリスのカスタムモデル製作~長野県/モーリスファクトリーへ!

 

長野県のモーリス工場へ・・・

カスタムギターのスペック決定&ウッドセレクトの旅。

 

 

 

 

モーリスの工場に到着・・・・すぐさま、カスタムモデルの打ち合わせに・・・

工場支配人の山田氏、製造部長の藤村氏、弊店担当営業の末吉氏にアテンドしていただく。

全体のイメージを軽く膨らませつつ、製造の中枢へ移動・・・

 

 

 

製造の流れを体感すると思うこと・・・

国産のモーリスは質の高い手工ギターであることがうかがい知れる。

 

 

 

ボディーサイドのアールを付ける機械も70年代から現役で歴史を感じさせる。

 

 

 

 

シーズニングされている材をチェック・・・

その数の多さが年間の製造数を想像させる。

当たり前だが、モーリスのブランドは広く支持されている証拠を見た。

 

 

 

ペグをマウントする穴をあける6連ビット。

 

 

 

工場内の工程を確認しながら、カスタムモデルへのイメージを決定していく・・・

 

 

 

マスタールシアーの森中氏の作業ブースにも・・・

森中氏とは弊店で行った調整会以来の再会。

 

 

 

 

場所を移し・・・中国製の普及モデルの検品エリアへ

 

中国から届いたモーリス・ギターを全数検品し、

バフをかけなおしたり、再調整したりと・・・

モーリスブランドの名に恥じぬよう、ここで全てが修正される。

 

 

 

そして、倉庫・・・

楽器センター富山スタッフの島崎がはしゃぐ・・・

 

 

 

末吉氏、倉庫でおもろいものを発見・・・Bill L○wrenceの・・・・!?

 

 

 

 

事務所に帰還し・・・

 

 

カスタムモデルのスペック決定。

 

 

藤村氏と詰めていく・・・

スペックシートにまとめて、オーダー完了。

 

 

 

 

6月くらいに、楽器センター高岡、富山の店頭にならぶ予定です。

 

 

© 開進堂楽器 楽器センター高岡 GCTAKAOKA